困ったとき|トイレトラブルはプロに頼ろう|自己判断で処理すると問題が増大する
作業員

トイレトラブルはプロに頼ろう|自己判断で処理すると問題が増大する

困ったとき

お手洗い

トイレの水漏れに困ったときは相談

水漏れの中でも最も困るケースがトイレの水漏れです。トイレの場合は精神的に参るだけでなく衛生的に気にかかることも多いです。やはりトイレの水漏れ修理は迷わずに対応している業者を呼ぶのが一番です。まずいちばん先に水漏れ修理の候補に上がるのは、トイレ関係のシェアで国内最大規模を誇る会社です。ケース・バイ・ケースではありますがアフターサービスが適応されることもあり、また窓口も広いので確認してみても損はしません。次いで水漏れ修理の候補に上がるのは、広告等でも馴染みのある修理業者です。この事業者はトイレをはじめとした水回り修理や点検のエキスパート集団ですので安心して任せることができます。24時間対応のフリーダイヤルがあり通信費が掛からないのも魅力の1つです。

箇所を特定して迅速に修理

トイレの水漏れは水道料金の高騰に直結します。あらゆる水洗式トイレはレバーを操作した時にのみ水が流れる仕組みになっていますが、水漏れがあると、レバーを操作しなくても少しずつ水が流れ、水を無駄にしてしまいます。トイレ水漏れの修理の重要なポイントとして、破損の起きている箇所の特定が重要です。水漏れ箇所が水道メーターからトイレまでの区間で起きていれば、賃貸住宅の場合、通常はそれは住宅設備の一部ですので、大家さんが修理代を負担するのが一般的です。水漏れ箇所がトイレの水洗設備(ハイタンク、ロータンクとも)で起きている場合も、大家さんが修理代を負担することもありますが、使用者の破損による場合は使用者の負担となる場合もあります。前者の場合は便器内に水が流れず、壁や床に水のシミが出来ることで判明します。後者の場合は壁や床には異常がなく、常時便器内に水が少しずつ流れていることで判明します。いずれの場合も修理が遅くなればなるほど水を無駄にし、水道料金に影響します。ただし、水道局に漏水があった旨を届け出ると水道料金の一部が返還される場合もありますので、修理が終わったら水道局に相談してみることをお勧めします。